高速バスも貸切バスももっと便利に快適に

0248-22-3323 貸切・高速・路線バスのお問い合せはこちら

お知らせ(平成29年9月25日)

高速乗合バスとしての平成29年度第1回安全運行協議会を開催しました。

平成29年度第1回さくら高速バス安全運行協議会を開催しました 平成29年8月24日、イオンコンパス東京駅前会議室において「平成29年度第1回さくら高速バス安全運行協議会」を開催しました。

安全運行協議会とは、主体運行会社・受託バス会社・センディング(乗客案内)会社等、高速バスや夜行バスにかかる各会社間での情報共有や改善・ 徹底事項等を確認し、高速バスの安全性向上を目的として開催する会です。
安全運行協議会の様子 会には9社・1協議会・20名が参加し、関係法令の改正内容の確認と周知のほか、受託会社への訪問調査結果と今後の訪問予定、バスタ新宿の運用規定厳守に関する再確認と更なる連携強化とスキルアップを図りました。
特に今回は「バス事業の安全対策について」として、事故削減のための施策や乗務中の携帯電話等の使用禁止の徹底、安心・安全な貸切バスの運行に向けた総合的な対策などを軸に、貸切バスの運転者に対する指導監督指針の改定など、法令改正に関する要点項目を各事業者と再確認し、管理の徹底を各事業者にお願いしました。
また、販売会社ならびに高速バス乗り場での誘導案内を行うセンディング会社との情報共有を図り、よりスムーズな乗車案内ができるよう問題点の洗い出しを行うなど、各協力会社との貴重な情報交換が図られましたので、ご意見やご要望を取り入れてるべく、積極的に対応をして参りたいと思います。
続いて、特別講義として株式会社サポートエクスプレス飯島代表より管理者のスキル向上を目指し、「支援型マネジメントのススメ」と題して質問する技術  について講義をいただきました。運行管理における乗務員とのコミュニケーション向上のほか、お客様からのご意見等に対してもより良い対応が図れるよう活かして参ります。
「安全運行協議会」は法定の協議会(定期的な開催が義務付けられている会)であり、当社としても安全性の向上のため重要な会議のひとつと位置づけており、今後も定期的な開催を予定しております。