高速バスも貸切バスももっと便利に快適に

0248-22-3323 貸切・高速・路線バスのお問い合せはこちら

お知らせ(平成29年10月30日)

座間市立入谷小学校の生徒による職場体験が行われました。

平成29年10月6日、運輸安全マネジメントに基づく地域への安全活動の一環として神奈川営業所学区内における小学校を対象に職場体験と大型バスを活用した安全教育を実施致しました。

生徒たちも学習の一環として、自分と身近な人々、社会および自然との関わりなどについて、具体的な活動や体験を通じて様々な事を学習しているところであります。そこで授業の生活科「もっと なかよし まちたんけん」の学習のなかで地域のすばらしさを発見し、たくさんのことを体験していただきました。

職場体験の中では、生徒たちから「一番大変な仕事はなんですか?」「毎日バスは何台でるのですか?」「キラキラ号の「星」はどうしてですか?」などこのほかにもたくさんの質問をいただきました。

また、安全教育では実際の大型バスを使用し準備した資料の「バスの死角」と照らし合わせながら、実際に運転席にも乗ってもらい見えない箇所などを体験していただきました。また、運転席周りの安全装備やデジタコなど細かい操作など担当者の説明に真剣に聞き入っておりました。

この体験から、更にバスに興味を持って頂くとともに自動車に対する安全意識を高めてもらい少しでも交通事故を減らせる機会になればと思っております。

このような取組は地域貢献並びに交通事故減少に繋がるものであり、当社としても安全性の向上のため重要な取組のひとつと位置づけており、今後も定期的な実施を予定しております。

「一番大変な仕事は何ですか?」

「お客様を安全に目的地までお連れする事です。」

「毎日バスは何台出るのですか?」

「18台です。全国各地へ出発しています。」

「キラキラ号の「星」はどうしてですか?」

「高速道路を夜中走っているので流れ星のように見えるので「星」がキラキラしているように見えているからです。

「バスの運転手さんになって何年くらい働いていますか?」

「10年働いています。みんなも免許と取ってバスの運転手さんになって下さい。待っています。」

職場体験 「大阪に向けていってきます。」
職場体験 「スピードメーターはこちらです。」
職場体験 「へぇー、ここに非常事態ボタンがあるんだ」
職場体験 カメラ目線で一枚・・
職場体験 バスの後方も確認
職場体験 乗降口もかなりの高さ
職場体験 キラキラ号、担当者と全員で集合写真
“キラキラ号を見かけたら手を振って下さいね。”