高速バスも貸切バスももっと便利に快適に

0248-22-3323 貸切・高速・路線バスのお問い合せはこちら

安全に関する教育及び研修

乗務員全体研修アジェンダ 当社では輸送の安全に関する教育及び研修について、毎月の指導教育に加え年2回各専門講師に依頼をしての乗務員全体研修を実施し、輸送の安全性向上に努めております。
(平成27年12月9日・12月16日に実施)

乗務員全体研修 乗務員全体研修
① 提供するサービスを考える ~安全で快適なバスであるために~仲間に感謝する
安全への挑戦 当社では、安全で快適なバスであるために自立型乗務員の育成に取り組みました。「都合が悪いと感じることは、都合が悪いように考えすぎない。」という発想をもち、 その物事が起きたことが問題なのではなく、それをどのように受け止めるかが問題であると考え、その起きた問題をチャンスととらえ自己責任のもと、どう行動するか自立型の取組みを進めて参ります。 また、お客様が弊社に乗車した際、何を求めているのかお客様が体感できる価値を見つけるため「運転手」という機能から「桜交通の運転手」という意識を高め、どのようにお客様へ選んでいただける価値を見出すための研修も行いました。 このことにより更に向上した顧客サービスを提供するとともに自分たちの価値を高めて参ります。
② 交通事故防止のポイント~事故ゼロのために~
交通事故防止のポイント 当社では、事故原因を分析する前に自分自身の性格や価値観を知ることや、自分のくせがある運転を知ることにより、常にヒューマンエラーがあることについて再確認する講習を行いました。 また、近年多発している健康を起因とする交通事故があることも認識させ、健康診断の大切さや診断ででた結果を踏まえ、運行管理者としっかりと面談し無理のない業務の指示受けるよう、 運行管理者も含め研修を行いました。さらにSAS検査やMRI健診を取り入れていくことにより健康起因がもとの交通事故を未然に防ぐことも取り組んで参ります。
③ 顧客満足(CS)向上研修について!!
当社では、さらなる顧客満足(CS)向上を図るために、まず顧客満足(CS)とは何か、立場を変えた考え方を持つことを意識し、お客様の立場に立ち組織及び社員・乗務員に何を望むかを考えることから取組みました。 このことにより顧客満足(CS)を進めていくには現場が大切だという事を認識させ会社と一体となって顧客満足を向上させていく研修を行いました。 また、現場で起きるクレームなどお客様対応への基本手順などを学び、しっかりとした対応を取るとともにクレームがクレームでなくなる対応方法などを研修し現場に生かしております。
バックナンバー